東京大学新図書館計画における職員ワーキンググループの取り組み

団体: 東京大学附属図書館

人物: 鈴木祐介

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
48
ひとことPR: 
新図書館計画実現に向けたさまざまな活動と今後の展開
出展団体名: 
東京大学附属図書館
展示について: 

東京大学新図書館計画は、本郷キャンパス総合図書館の建物・機能・サービスを大幅に拡充し、教育・研究の新たな拠点を作ることを目指しています。そこには、大学図書館や図書館職員のあり方の刷新も含まれます。計画実現に向けて、附属図書館職員は課題検討グループを立ち上げ、取り組んできました。この展示では、これまでの活動をご紹介し、東大図書館がどのように変わろうとしているかをお伝えします。

担当者: 
鈴木祐介
対象者: 
大学・短大・高専図書館関係者


このエントリーをはてなブックマークに追加