図書館情報学チャンネル遂に210回達成記念!全国の第一線図書館人の遠隔ディスカッションを実現する新会議放送システムの技術を解説!

団体: 筑波大学Project Lie

人物: 小野永貴

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
47
ひとことPR: 
正月もお盆も休むことなく、4年間も継続的に活動しています!
出展団体名: 
筑波大学Project Lie
展示について: 

Lieは、第12回図書館総合展「L-1グランプリ」をきっかけに、筑波大学の学生が立ち上げたプロジェクトです。図書館に関する学術研究と現場実践を結びつけ、工学的アプローチで図書館を良くしていくことを目標に、「図書館情報学チャンネル」という議論番組を毎週放送しています。今回は、4月より新たに構築した、日本全国の第一線現場へ羽ばたいていったメンバが議論に遠隔参加できる新放送システムを、ご紹介致します。

担当者: 
小野永貴
対象者: 
図書館全般
公共図書館関係者
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
著作者・出版社など


このエントリーをはてなブックマークに追加