ストーリーマップで誰でも楽しく物語作り

団体: 香川大学教育学部 山本茂喜研究室

人物: 山本茂喜

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
28
ひとことPR: 
民話をもとにしたマップとカードで、楽しくストーリーを創ろう!
出展団体名: 
香川大学教育学部 山本茂喜研究室
展示について: 

今やストーリーは、小説やドラマだけではなく、スピーチやプレゼン、PR、など様々な分野で必要です。 ここでは、マップとカードを使って、誰でも楽しく物語を創る方法を紹介します。 マップは、昔話をもとにしたストーリーマップを使います。空欄を埋めていくだけで物語のアウトラインを創ることができます。 カードは、物語の要素を取り出した機能カードと、キャラクターの属性を示したタロットカード
を使います。これらを使ってストーリーをふくらませます。(数に限りはありますが、機能カードとタロットカードはご自由にお持ち帰りください。) この方法で、子どもから大人まで、誰でもオリジナルストーリーを創ることができます。

担当者: 
山本茂喜
対象者: 
図書館全般
公共図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
博物館・美術館・公文書館関係者
その他の行政関係者
著作者・出版社など


このエントリーをはてなブックマークに追加