学生が主体となった、大学図書館における地域連携の試み

団体: 福井大学創成教育「本を楽しむ会」

人物: 木南安寿花

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
25
ひとことPR: 
福井大学における本に関連した活動について報告します
出展団体名: 
福井大学創成教育「本を楽しむ会」
展示について: 

福井大学では工学部創成教育の一環として、「本を楽しむ会」と銘打った会をつくり、本をテーマとした学生主体の活動を行っています。メンバーは工学部、教育地域科学部の学部生数名。これまで、本に関するワークショップや一般市民向けの公開講座など幅広く活動してきました。今年度は、福井県立図書館と共同で、本棚展示を行ったり、大学図書館の後援のもと、地元商店街などにおいて地域での活動を予定しています。会場では、「本を楽しむ会」の読書や本にかんする今年度の活動ならびにこれまでの読書に関する取組とをあわせて、紹介したいと思います。

担当者: 
木南安寿花
対象者: 
公共図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者


このエントリーをはてなブックマークに追加