筑波大学春日ラーニングコモンズ

団体: 筑波大学春日ラーニングコモンズ

人物: 池内 淳

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
13
テーマ: 

ゼロからつくる!新しいまなびの空間

ひとことPR: 
ラーニングコモンズ設立から学生が運営する「いま」の変遷を辿る
出展団体名: 
筑波大学春日ラーニングコモンズ
担当者: 
池内 淳
対象者: 
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者
小・中・高学校図書館関係者
学生
一般

筑波大学附属図書館情報学図書館に併設されている春日ラーニングコモンズは学生チューターによる学習支援や学生主体のイベントなどアクティブラーニングが行われる場として活用されています。2008年に空き教室から始まった活動が、学生・教員・図書館の協力を得て、今の形になった経緯を年表と当時の関係者へのインタビューを通して辿ってゆきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加