AR技術で見せる図書館キャラクター

団体: 広島工業大学附属図書館

人物: 川口大貴

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
5
ひとことPR: 
工学系ならではの図書館アピールを実施!ぜひ、体験してください。
出展団体名: 
広島工業大学附属図書館
展示について: 

図書館の図書にはバーコードが貼られていますが、その情報を拡張現実(AR)の技術を用いて読み取ることで、カメラを通して図書を写したスマートフォンの画面上に本に関する情報を画像化し重ね合わせて表示することができます。図書の外観に付加した「面白さ」を感じてもらうことで図書への興味が増し、図書館へ足を運ぶ機会が増えることを期待しています。

担当者: 
川口大貴
対象者: 
図書館全般


このエントリーをはてなブックマークに追加