日本-ASEANをつなぐ~地域研究拠点ネットワークによる多言語DB連携の取り組み~

団体: 東南アジア逐次刊行物データベース連携ネットワークCooperative Networks for Southeast Asian Periodicals Database

ポスターセッション
ポスターは三日間(10:00-18:00)常設展示しています。 日時が記載されている場合、その時間に口頭発表があります。場所はポスターセッション会場内です。
掲示番号: 
1
テーマ: 

日本-ASEANをつなぐ~地域研究拠点ネットワークによる多言語DB連携の取り組み~
Connecting Japan and Asean:Cooperative Efforts for Multilingual DB through networks of Area Study Centers

ひとことPR: 
図書館員と地域研究者が協働して逐次刊行物目録DBをつくる取り組みをご紹介します
出展団体名: 
東南アジア逐次刊行物データベース連携ネットワークCooperative Networks for Southeast Asian Periodicals Database
展示について: 

新聞、雑誌等の逐次刊行物は、その国の社会を映し出す貴重な資料です。この取り組みは、機関や国を超えて日本とASEAN諸国の図書館員・研究者が連携して東南アジアの逐次刊行物総合目録DBを核とした資料情報の共有化システム構築をめざすものです。

対象者: 
図書館全般

Serial Publications, such as newspapers and magazines are valuable materials that reflect each nation's society. The efforts for cooperation between library staff and researchers of Japan and ASEAN countries beyond the boundary of institutions or nations, is aimed at constructing the system of shared material information, centering on the comprehensive list for the Southeast Asian periodicals DB.

公開DBはhttp://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/info/db/sealib/をご参照ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加