株式会社 ソフエル

ブースについて
株式会社 ソフエル

UHF帯RFIDで、次世代の図書館へ! 詳細ページ
小間番号
56
出展の概要
2007年に日本で初めてUHF帯RFID図書館システムが導入されてから、
7年が経ちました。数多くの図書館様に導入頂き、現在では導入館数を30館
超えるまでになり、高い評価を頂いております。
 今年は、高知県立・市立図書館、大阪府吹田図書館、大阪府茨木図書館、
高知工科大学図書館、京都女子大学図書館他に導入頂きました。
UHFを取り巻く環境は、機器の性能の向上、生産数の向上、タグの低価格化と
上昇を一途です。
その他のICタグと比較しても、UHF帯ICタグを選択される図書館様が増え、
ますます広がりを見せています。

UHF帯ICタグの優れている点、他のICタグとの違いを弊社スタッフが
わかりやすく、丁寧にご紹介いたします。
 是非弊社ブースにて、UHF帯RFID図書館システムの最先端をご体験下さい!

【ご紹介する機器】
●自動貸出機
デジタルサイネージ機能付自動貸出機、さらに置き場所を取らない卓上型自動貸出機
が新登場。
●自動返却ボックス
24時間稼働が可能で、リアルタイムに返却情報を更新可能です。
●ブックトラック
 置かれた本の書誌情報を記録します。館内閲覧の統計、企画展示の利用率の集計など
 用途はいろいろ広がります。
●予約棚
ICタグのメリットを十分に活かし、予約棚への配下状況、セルフサービスによる
お客様の受取りの情報等をリアルタイムに反映させ、予約棚の状況が常に把握できる
システムです。
●蔵書点検用ハンディリーダライタ
本を読み取るスピードは2倍を超え、1日6時間程度の作業で2万冊以上を読むことが
可能です。資料探索機能も搭載しており、資料IDを入力することにより、
該当図書を探索でき、蔵書点検をスムーズ且つスピーディーに行うことができます。

 その他、セキュリティゲート、カウンター用リーダライタ等をご紹介します。
実施内容・設備
  • プレゼンテーションコーナー
  • 実機・体験コーナー
  • デモンストレーション
対象者
  • 図書館全般
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
  • 博物館・美術館・公文書館関係者
  • その他の行政関係者
  • 一般
ブースのカテゴリ
  • 設備備品
  • 出展社詳細
    • 株式会社 ソフエル
    • 〒108-0075 東京都港区港南2-12-23 明産高浜ビル2F
    • 代表者: 代表取締役 伊賀亨治
    出展について問合せ先
    • 図書館事業部 新沼拓也
    • 電話番号 : 03-6433-3401
    • FAX : 03-6433-3402
    • メール : sofel.rfid.system.co.jp
    関連リンク
    この主催者の他のフォーラムを見る: 株式会社 ソフエル 


    このエントリーをはてなブックマークに追加