国立国会図書館

ブースについて
国立国会図書館

共同出展社 : 国立国会図書館関西館/国立国会図書館国際子ども図書館
日本の文化資産をもっと身近に~国立国会図書館の多様なサービス 詳細ページ
小間番号
91
出展の概要
所蔵資料数約4,000万点。日本最大の図書館である国立国会図書館には、国内の出版物を保存し、後世に伝えていく大切な役割があります。
そんな貴重な文化資産をもっと身近に。デジタル情報サービスにより、インターネットから、お近くの図書館の端末からご覧いただける国立国会図書館の資料が増えています。国立国会図書館の多様なサービスを、ぜひブースでご体験ください。パソコンを使ったデモンストレーションを交えながらご紹介します。また、国立国会図書館が取り組む多種多様なサービス・事業について、プレゼンテーションも行います。

■デジタル化資料の図書館送信サービス(注)の個別相談に応じます。
11月5日(水)、6日(木)の2日間、担当者がブースにてご相談に応じます。図書館送信サービスへの参加をお考えの図書館の方は、ぜひお気軽にお声をおかけください。
個別相談受付日時:11月5日、6日 10:00~12:00、15:00~17:00

(注) 国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料約131万点について、公共図書館・大学図書館等(国立国会図書館の承 認を受けた図書館に限ります。)内の端末で画像の閲覧等ができるサービスです。詳しくは、国立国会図書館ホームページ内の以下のページをご覧ください。
トップ > 図書館員の方へ > 図書館向けデジタル化資料送信サービス
http://www.ndl.go.jp/jp/library/service_digi/index.html

■フォーラム「東日本大震災に関する記録の収集・整理・保存について」を開催します。
事前申込みが必要です。お申し込み方法等は国立国会図書館ホームページの「イベント・展示会情報」をご覧ください。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/lff2014.html
実施内容・設備
  • プレゼンテーションコーナー
  • 実機・体験コーナー
  • デモンストレーション
対象者
  • 図書館全般
  • 公共図書館関係者
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
  • 博物館・美術館・公文書館関係者
  • その他の行政関係者
  • 著作者・出版社など
  • 学生
  • 一般
ブースのカテゴリ
出展社詳細
  • 国立国会図書館
  • 〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
  • 代表者: 館長 大滝則忠
出展について問合せ先
  • 総務部総務課広報係
  • 電話番号 : 03-3581-2331(代)
  • FAX : 03-3597-5617
  • メール : koho@ndl.go.jp
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 国立国会図書館 


このエントリーをはてなブックマークに追加