フォーラムのタイトル
Linked Data の活用について
Linked Dataを用いたデータベース基盤ソリューションと事例の紹介
フォーラムの概要
会場 : 第7会場(E205)※展示ホール上階です。アネックスホールではありません。ご留意ください。
日時 : 11月7日(金)
時間 : 15:30~17:00
主催 : インフォコム株式会社
Facebook : https://ja-jp.facebook.com/InfocomCorporation/
フォーラムの内容

第一部「MLAとリンクするデータ ― 各国図書館の書誌・典拠グラフを中心に」
 講師:神崎正英

第二部「Linked Dataを用いたデータベース基盤ソリューションと事例の紹介」
 講師:小嶋将士

データどうしをつなげ、共有するための方法として「Linked Data」の注目が近年高まっております。 本フォーラム第一部では、M(博物館)L(図書館)A(公文書館)の公開データがどのように設計され、リンクできるようになっているのかを、図書館の例を中心に説明します。 各国の主要図書館の書誌・典拠について、それぞれのモデルを分析、比較した上で、データがどのようにつながるのか、また共有の課題と可能性について解説します。 また第二部では、インフォコムが開発したLinked Data対応パッケージソフト「InfoLib-LOD」新バージョン及びこれまでに構築したシステムの事例を紹介いたします。

Linked Data の活用について

発表者:
  • 講師:神崎正英(ゼノン・リミテッド・パートナーズ)[第一部]
  • 講師:小嶋将士(インフォコム株式会社)[第二部]
対象者:
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
申し込み・問い合せ先
  • インフォコム株式会社
    • 加藤・小嶋 (おじま)
    • das_sales@infocom.co.jp
    • 電話:03-6866-3640
    • FAX:03-6866-3360
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: インフォコム株式会社 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 神崎正英 小嶋将士 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 11月7日(金) 15:30~17:00


このエントリーをはてなブックマークに追加