フォーラムのタイトル
学術情報流通の倫理的側面:出版倫理・研究倫理・教育倫理・図書館倫理
─「STAP細胞問題は何がどこまで問題なのか」あたりから始まる話─
フォーラムの概要
会場 : 第1会場
日時 : 11月7日(金)
時間 : 10:00~11:30
主催 : 図書館総合展運営委員会
Twitter : https://twitter.com/libraryfair/
Facebook : https://www.facebook.com/libraryfair/
フォーラムの内容

今年ほど、学術情報流通について“倫理”が問われたことはなかろう。勿論、STAP細胞をめぐる一連の出来事である。センセーショナルに報じられた一般報道とは、異なる学術界の倫理、慣行、考え方というものがある。言語哲学者 土屋俊が、学術界の倫理を総括する。

学術情報流通の倫理的側面:出版倫理・研究倫理・教育倫理・図書館倫理

対象者:
  • 機関・企業図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 博物館・美術館・公文書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 図書館総合展運営委員会 
この講師陣の他のフォーラムを見る: 土屋俊 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 11月7日(金) 10:00~11:30


このエントリーをはてなブックマークに追加