フォーラムのタイトル
アメリカ大使館情報資料担当官に聞く!
図書館を変える統計分析とブランド構築
フォーラムの概要
会場 : 第3会場
日時 : 11月6日(木)
時間 : 10:00~11:30
主催 : 図書館総合展運営委員会
Twitter : http://www.twitter.com/libraryfair
Facebook : https://www.facebook.com/libraryfair
フォーラムの内容

トレンド分析の専門家としてニュージャージー州立図書館に勤務した経験を持つバトゥナガー氏に、図書館運営における統計分析とマーケティングの重要性についてお話しいただく。 政府が発表する年間統計や図書館が独自にまとめるローカルな統計を複合的に分析することで、ROIを正確に把握できるだけでなく、多角的な評価基準を設け、予算申請の際の判断材料にしたり、利用者のニーズにより合致したサービスを展開できるなど、将来のアクションを決定するうえで重要なデータを入手することができる。また、予算が縮小の一途をたどり図書館の存在自体が危ぶまれる今、サービスを提供するだけでは不十分で、図書館の存在意義を市民に理解してもらう必要がある。氏には「図書館ブランド」の構築からそのマーケティングまでの道筋を事例を通してご説明いただく。

以下のページからスライドをダウンロードできます。
The Transformative Power of Statistical Analysis and Marketing – slideshare

※逐次通訳あり。

アメリカ大使館情報資料担当官に聞く!

発表者:
  • 講師:Alka Bhatnagar(米国大使館 広報文化交流部 情報資料担当官)
対象者:
  • 公共図書館関係者
  • 大学・短大・高専図書館関係者
  • 小・中・高学校図書館関係者
申し込み・問い合せ先
上記までご連絡ください。
関連リンク
この主催者の他のフォーラムを見る: 図書館総合展運営委員会 
この講師陣の他のフォーラムを見る: AlkaBhatnagar 
同じ時間帯の他のフォーラムを見る: 11月6日(木) 10:00~11:30


このエントリーをはてなブックマークに追加